2019年08月02日

韓国のホワイト国除外について

日韓関係がどんどんと悪化しています。

今日はとうとうホワイト国から韓国が除外になりました。

ニュースを見ていても、なかなか緊張感がある状況だと思います。

でも(この問題に関心のある)国民の多くは、この措置に賛成しているようです。

今までの弱腰外交と揶揄されていた日本の外交政策からすると、かなり強気の措置で、
僕自身も緊張感を感じつつも、ある程度評価できると思っています。外交交渉には強気の面が必要なんです。

建前上は、安全保障上の問題だということですが、明らかに徴用工訴訟問題が原因でしょう。

もちろんこれは政府は絶対に認めることはないでしょうが。これは最後まで建前を通さなければならないことなのです。

ちょっと今の状態を、斜めから見てみると、
今後どういう展開になるのかわかりませんが、安部政権にしても、文在寅政権にしても、
メリットもそれなりにあるように思われます。

政治家は色々と計算して動いているのだと思いますが、この問題に関心を持つ多くの国民は感情的になっている部分もあるかもしれません。
この感情的というところが、政権にとっては有利に働くことは十分に考えられます。
感情的になる喧嘩相手がいるという状況が、一種のナショナリズムを刺激し、一体感をもたらすのです。
そして、相手国に攻撃的な態度をとればとるほど、よくやった、もっとやれという状況を生み出し、
政権の支持にまわるというわけです。

韓国との関係が悪化すればするほど、今、首相が変わるのはまずい、安部さんにしっかりやってもらおう
という感情が出てくることも想像できます。

また今後韓国が、日本との安全保障上の連携を解消する方向に動く場合、
このままの憲法でいいのか、自衛隊にもしっかりやってもらわないと、という動きも出てくるかもしれません。
これは、安部さんにとっては非常に理想的な状況ということになります。

文在寅政権も、韓国が今のような形で危機感が煽られると、国民は、一致団結して日本と戦おうという状況になり、
政権交代とかいってられん!ということになる可能性もあります。

つまり、こういう緊張感のある状況は、政治家がリーダーシップを発揮しやすい場を生み出す可能性があるということです。

もちろんこれはもろ刃の剣でもあり、長期化し、経済に悪影響が出ると、刺激されたナショナリズムも倦怠感にかわる可能性があります。

また現実に、日韓の安全保障上の連携が完全に壊れるような状況になると、日本としても困るだろうし、いずれは落とし所を探る必要はあるでしょう。

個人的には、徴用工の問題は、統治行為論的に、韓国の司法は判断を回避するべきだったのではないでしょうか。
あるいは、司法の判断は判断として認めつつ、韓国政府は、日本企業の賠償責任を認めつつ、その支払い自体は政府が肩代わりするような法律を作るなどの工夫をするべきだったと思います。

でも文在寅政権はおそらくわざとそのような方法は選ばなかったのでしょう。
常に日本を一種の非難の対象とし続けることで、国民の支持をとりつけることが狙いだったのかもしません。

いずれにせよ、軍事的な戦争が現実的ではないこの時代に、一種の敵国的な存在がいることは、政府にとっては必ずしも悪いことではないのです。

ただなんだかどういうところで落とし所をみつければいいのか、よくわからないような状況になっているようで、それだけにちょっと不安でもあります。

安部政権もかなり刀を抜いているので、そうそう簡単に刀を収めることはできないでしょう。

もしかしたら、今のような状況でも、あまり政治に興味もなく、何が起こっているのか知らない若い人もたくさんいるかもしれませんが、
なかなかの状況であることは間違いないのであり、多くの若い人がこの問題に興味を持って欲しいと思います。

ちょっとこの関係のニュースは、今目が離せません。

中国とアメリカの貿易摩擦も全く改善しないし、あちこちで、経済戦争が起きている世の中ですが、
子供達が平和で安全に暮らせることを望んでいます。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


ヨークシャー・テリアランキング









posted by sceptics at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。