2018年04月25日

ファッションと革製品

動物の倫理を考えるようになってからもなかなか食肉をやめられずにいるが、とりあえず革製品を買うのはやめた。

我が家のAが小学生になったときも本革のランドセルは買うことはない。

以前は、革製品をとても愛していて、20万円くらい払って牛革のトレンチコートを買ったりしていたのだが。

調べて見ると、ファッション業界にも革製品の使用をやめる動きはでているようだ。

代表的なブランドの一つは、ステラ・マッカートニーで、これはビートルズのポール・マッカートニーの娘さんがデザイナーをしているブランドらしい。

ここはもともと家庭が菜食主義で、革製品を使わないことは自然な流れだったようだが、ちょっとびっくりしたのはあのアルマーニが2016年から革製品の使用をやめたらしい。

グッチもミンクやキツネ、ウサギ、アライグマ、カンガルー、カラクールなどの革製品の使用を廃止するらしい。どうせそうするなら、牛も革製品を廃止したほうがいいとは思うのだが。

いずれにせよ、これは良い方向性だとは思う。こういった方向性にファッション業界全体が進んでいけばと思う。それことまさにファッショナブルだ。


ライフスタイルランキング

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村


posted by sceptics at 21:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログランキングから来ました。
そうなんですよね。
特に毛皮は生きているうちにはがさないと死後硬直で取れなくなるって聞いてから、もうダメです。
猫のおもちゃにもウサギの毛皮とか使われていて、止めてくれと思います。
特に日本は遅れているらしいです。
全て、フェイクファーにしてもらいたいです。
Posted by マミー at 2018年04月29日 23:32
コメントありがとうございます。コメントをいただいていたのに気づきませんでした。日本は、動物の福祉についてかなり遅れています。動物を大切にしようという答えがアンケートされるとかなり多くなるのが日本らしいですが、言葉と行動が一致していません。本革製というのは、今までは品質の証のように使われていましたが、これからは不道徳な証として使われる言葉になると思います。

>マミーさん
>
>ブログランキングから来ました。
>そうなんですよね。
>特に毛皮は生きているうちにはがさないと死後硬直で取れなくなるって聞いてから、もうダメです。
>猫のおもちゃにもウサギの毛皮とか使われていて、止めてくれと思います。
>特に日本は遅れているらしいです。
>全て、フェイクファーにしてもらいたいです。
Posted by sceptics at 2018年05月13日 12:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください