2019年06月01日

クーラーの買い替え

引っ越してから三年めになります。

リビングのクーラーは、7年前くらいに買ったシャープのフラッグシップのシリーズですが、14-16畳くらい用のものでした。

イギリスに行く前に住んでいたときもLDが19畳くらいだったのですが、わりとちゃんと動いていました。

なんども引っ越しや、倉庫に保管(イギリスに行っている間)などをくりかえしたからか、

あるいは、今のLDが20畳あるからか、

はたまた南向きで、最近は気温が高すぎる、からなのか、

なかなか部屋を冷やしてくれないどころか、ぶんぶんすごい音を出し続けるので、

部屋の端で仕事をしているとテレビの音も聞こえないという状況に陥っていました。

そこで、思い切ってクーラーを買い換えることにしました。

でも、クーラーってなんかもう何を買っていいのかよくわからないんです。。

どのくらいの大きさのものを買うべきか、どれくらいの機能がついているのを買うべきか。

色々悩んだ結果、日立の白くまくん、RAS-X71H2に決定しました。

前のシャープのものよりもかなりパワーアップして、まあ一応色々機能もついている。

2017年にでたものですが、その時の中では上位モデルという感じの選択です。

あまり機能がついていない方が故障もしにくいという噂も聞きますが、上位モデルは電気代が安いのがメリットになります。

いつもどおり、ネットで購入して、設置工事は別に依頼するというのは、やはり一番安いです。

京都市の場合、僕のオススメは、エアコン工事 チームDOというところです。
https://www.juntec.jp/

来てみて、室外機の大きさにちょっとびっくりしました。パワーの違いは室外機に出るんですね。


いや、購入してとても満足しています。運転中は、パワーに余裕があるのかとても静かです。

しかし、まさか5月にクーラーを入れる時が来るとは思ってもみませんでした。

エアコン工事の人も、年々工事のピークが早まっていると言っておられました。

今年の夏はどうなるんでしょうか。。。

今からちょっとこわいです。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


ヨークシャー・テリアランキング






posted by sceptics at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください