2019年06月14日

ライプニッツ著作集

ちょっと仕事でライプニッツの著作集を買わなければならなくなったのですが、

いつの間にか新装版が出ていました。

ちょっとカラフルになって函がなくなったという感じです

いくつか前の装丁のものを集めていたので、かなりがっかりしました。

こういう全集系のものは、装丁だけを帰るのはやめてほしいです。

一気に全巻そろえるのはとても金がかかるので、少しずつ集めている人もいるはずです。
(僕もその一人です)

ですから、絶版になるのならともかく、途中で装丁が変わるのは全集を揃える楽しみがなくなってしまいます。

なんでわざわざこうしたのですかね

コストの削減でしょうか(函がなくなる分)

あるいは装丁がかわるだけで、新たに購入してくれる図書館でもあるのでしょうか。。。

この出版社は本を買う人の気持ちをもう少し考えてほしいです。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


ヨークシャー・テリアランキング





posted by sceptics at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください