2019年06月19日

最近の子供の寝かせ方

1歳1ヶ月くらいの頃から、僕が息子を寝かしつけています。

妻の風邪(息子からうつされた)をきっかけに、断乳することになって、それ以来の僕の役割です。

断乳を始めた頃、妻が寝かせると、おっぱいを欲しがってなかなか寝なかったのですが、
僕が寝かせると、おっぱいがでないことをすぐに理解して、あきらめて寝るからです。

今までは基本的に、ひたすら暗闇でじっとしているというだけでした。
部屋が暗いし、マットレスの上なので、息子は眠たさは感じて寝ようとはするのですが、
なかなかすぐには寝付けないことも多く、バッタンバッタンとマットレスの上を転がり回って
そのうちに寝るというプロセスになります。

場合によっては30分くらい息子が寝るのをじっと待つということになります。

うかつにスマホとかを見てしまうと、その明かりが気になるみたいで、その画面を覗き込もうとするので
振り出しに戻りかねません。

そこで寝たふりをして、寝る雰囲気をひたすら作ることが必要なんです。

最近は、ちょっと違う方法で寝かしつけるようになりました。

僕は寝転がらずに、あぐらをかいてマットレスの上に座って、
息子の頭をその足に乗せて寝かしつけるのです。

そうすると、息子は、僕の足の上に頭をのせていて、僕の顔が見えるのに安心するのか
じっとしています。しばらくは僕の顔を見ていますが、だんだんまぶたがおちてきて、
やがて寝息を立て始めます。

まだ始めてから数日ですが、じっとしている分、かなり寝付くのが早くなりました。
僕も、息子の寝顔を暗い中ですが、うっすらみることができて癒されています。

寝付くと、頭をちょっと持ち上げて、足を抜いても、息子はおきません。
きっと保育園で一所懸命遊んでいるからでしょう。

しばらくはこのやり方でやってみようと思います。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


ヨークシャー・テリアランキング




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デカルト全書簡集 第七巻 (1646-1647) [ 岩佐宣明 ]
価格:7560円(税込、送料無料) (2019/6/19時点)


posted by sceptics at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください